高反発マットレスを長持ちさせる保管方法

快適な寝心地を実現し、腰や背中を優しく包み込む高反発マットレスが人気を集めています。ベッドに用いるだけでなく、直接床に置いて使用も出来るので敷布団に代わる新たな寝具といえるでしょう。この高反発マットレスは、保管方法によっては短期間で高反発性を無くす恐れがあるので注意が必要です。保管方法として最も理想的とされるのが、敷きっぱなしになります。つまりベッドに置いたままにしておくと上から負荷がかかることもなく、折れ目が付くこともないので劣化しにくく長持ちさせられます。しかし、床に直接置いている場合は定期的に掃除をしたり折り畳んで外に干しておかないと床に面している部分にカビが生えてしまうこともあります。外に干す際は、ベランダ等に垂れかけるように干すのではなく、地面にシートを敷いてその上で平面になるように干しましょう。こうすることで全体のバランスを取り、折れ目も付かずマットレスが切れてしまう恐れもありません。なお、高反発マットレスを長期間使用されない場合はU字型に軽く折り、側面部分で縦置きにすると高反発力を維持させたまま保管が出来ます。通常の敷布団のように綺麗に畳んで、重ね置きをしてしまうと常に圧力が加わった状態になって反発力がなくなってしまいます。

高反発マットレスランキング